新卒採用

RECRUIT

座談会
CROSS TALK

新人が、ダイコックで働くみなさんに、お仕事について、ダイコックについて語って頂きました。
右から、マネージャーのK.Tさん、Y.Yさん、S.Fさん、M.Aさんです。
― 仕事をするにあたって、こだわっていることはなんですか?
M.A
M.A

私は始業時間10分前に準備をしています。仕事が始まってすぐに作業が出来るように。
今は、20分前には準備しています。

K.T
K.T

早い!

M.A
M.A

コマンドを入れたり、起動するのに時間がかかるので、早めに起動しています。エクリプスとかは重いので…。

Y.Y
Y.Y

なるほど。
僕は資料を作ることが多いので、人にわかりやすく作るよう心がけています。 設計書とか、自分が設計書を作って、自分が作るわけではないので。第3者が見ても、製造しやすいように。

S.F
S.F

ソースをきれいに作りたい。
いらない改行が1個多い…とか、すごく気になる。

M.A
M.A

わかります、気になりますよね。

K.T
K.T

改行とかタブとか、コメントとか。

Y.Y
Y.Y

詰まっていたら定期的に改行入れて見やすくしますね。

K.T
K.T

今はエンドユーザーと話す機会が多いから、その中でこだわってることと言ったら…
いかに喜んでもらえる提案をするか。どうやったらこの人に喜んでもらえるか?を考えて、提案しているかな。

S.F
S.F

プロですね。

座談会
―仕事の中で難しい問題に遭遇した時の対処法は?
M.A
M.A

そうですね、まずはネットで調べる。それでもわからなかったら上長に質問します。

S.F
S.F

自分は答えが出てきても、聞きます。

Y.Y
Y.Y

「こういう対応をしようと思うのですが、あっていますか?」と聞いてみる。

K.T
K.T

そうだね。
仕様とか決まってないとき。特に今開発中のものとかは何も答えがないときは、まず調べる。
調べて、答えはないけどそこにあるヒント、ポイントを収集してそれを組み合わせて、仮設を立てて設計して、実験する。それの繰り返しかな。

―ここからはダイコックについての質問です。初めはどういう印象を持っていましたか?
座談会
M.A

これです。

座談会
常に飾られているスーファミ。遊ぶ時もあるそう。
K.T
K.T

スーファミ?クロノトリガー?

M.A
M.A

はい。ここはゲームをして大丈夫なところなんだ…と、思いました!

Y.Y
Y.Y

自分は、かなり硬い会社だと思っていたんですけど、少ししてから、めちゃくちゃゆるいじゃないか?!…と。ここまでゆるくていいのか?と衝撃でした。

K.T
K.T

そんなにゆるいのかな?

Y.Y
Y.Y

ゆるいですよ…めちゃくちゃ。

―ダイコックはどういう会社ですか?あなたにとってのダイコックとは?
M.A
M.A

楽しい会社です。今は社外で作業しているのですが、ここに帰社したときにリラックスできますね、会話が出来て気分転換になります。

Y.Y
Y.Y

何かあれば、相談がしやすい会社。あとは営業の方ですと現場に連携してもらって、調整してもらうのはスムーズな会社だなと。

K.T
K.T

ダイコックは俺の人生…やね。(情熱大陸のBGMが流れる)
丁度今伝ノ助の製作だったり、夢がある。

M.A
M.A

夢がある会社、良いですね。

Y.Y
Y.Y

そうそう、提案すればやっていいよ、みたいな。そういう姿勢がある人には良いんじゃないかな。

K.T
K.T

チャレンジが出来るよね。

S.F
S.F

自分にとってのダイコックは、その答えをさがすために頑張っています。

K.T
K.T

かっこいい。

座談会
こうしてお菓子を買って勉強会やゲーム大会をすることも多々あり。

― 最後に、どんな人と一緒に働きたいですか?
M.A
M.A

面白い人!盛り上げてくれる人が良いですね。みんなでいろいろ楽しめる人。コミュニケーションがある人が良いですよね。

Y.Y
Y.Y

うーん…自主的に動ける人、提案が出来る人。

K.T
K.T

そういう意識がある人ね。でもあまり意識も高すぎず、あまり深く考えない。
がむしゃらにやる人。ポジティブな人だといいね。

Y.Y
Y.Y

やるときは勿論ガッツリ、メリハリがある人もいいですね。

― ありがとうございました! 座談会 みなさんのダイコックへの熱い思いと、仕事をする上で大切にしていることを教えていただきました。
ご協力くださった先輩方、ありがとうございました。
ダイコックでは、気力のある人、前向きな人、体力のある人、明るい人、 自分で考え行動できる人を募集しています。
あなたも、ダイコックで新しい自分にチャレンジしてみませんか?
〉 採用情報を見る 座談会その2